タタミのあなみずのブログ

あなみずの施工例や暮らしに役立つ情報をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

い草畳のすばら~い 機能を知ってください。

い草畳の良さを知ってください。

素晴らしい機能を持っていることを・・・




スポンサーサイト

ひとり言・大事なもの 知って下さい。「あなみず」を

い草の産地 熊本・八代からお客様まで




ひとり言・大事なもの   出る釘は抜かれる

お客様の会話から、(今は何かへんである)

昔は、出る釘は打たれると言う時代であったが今は出る釘は抜かれてしまう。それは今の「いじめ」である。
つい最近まで叩かれた人間は周りがその人のためにいろいろ考えてやり同じ行動をするように知恵を出し合っていたのが、今は無視をして仲間に入れない行動を大人まで 皆 してしまう。なぜだろう。?

DSCN0671_convert_20130513103556.jpg

また、先に言った言葉が優先で大事な言葉は無視されてしまう。なぜだろう。? 
人の心・相手の心を見る力が無くなったんでしょうか!
いつから日本人はこのようななったんでしょうか。?


DSCN0674_convert_20130513104002.jpg

自分だけが良ければ・・・・よいのですか?

畳の上で考えてみませんか!



ひとり言・大事なもの  スローフード

ファーストフードとスローフード

DSCN0827_convert_20130508095620.jpg

ファーストフードはアメリカから50年前から出来始め、万人に同じ味を提供することを考えたのがファーストフード始まりでした。一方スローフードはイタリアの南部地方の料理人から発案したものと聞いております。

今、貴方はどっちを選んでいるのでしょうか?

ファーストフードは大量消費の為の手段でもあります。均一の味を作り、どこの店でも同じ味で、マニュアルに従って同じ時間で作り、同じサーピス提供するのがファーストフードであります。地域(地場)での生産するものはあまり使わない。それは大量に生産すること、今は中国製の肉などが使われているのも解る様な気がする。コストダウンに繋げるためにはしようがないと思う。手軽さや早い食事と考えれば理解できます。でも、それがファーストフードの世界ですから、

一方、スローフードは地場の物を使い生産者が解るものを提供することがモットーです。いわいる地産地消費です。料理人は時間をかけ、お客様一人一人に良いものを提供し、大事なお客様を常にリーピーターとして考えいるのがスローフードの考え方です。食事は急ぐのではなく味わって食べるものとしての考えもあります。今で言う「見えるか」でしょう!!また、お客様と色々な話をして納得したものを作り上げるのがスローフードでしょう。


これが食べ物を作る基本ではないでしょうか? 安心・安全・地産消費

日本人の物づくりもみな同じ考えと思います~ょ!!

あなたの地域の畳屋さんも同じ考えだと思います。地域・地元を大事にしています~よ

ちょと考えてみませんか? 物づくりの事を

あなたはどっち派ですか?


DSCN0835_convert_20130509091426.jpg

畳の良さを知ってください。

畳はエコです。機能もまた、知ってください。 

竭「繧ィ繧ウ縺・拷2_convert_20130501111821

04-05+_譖エ譁ー貂医∩__convert_20130501110724

竭。繧ィ繧ウ縺・拷1_convert_20130501111600

縺・拷縺ョ蜉帙€€縺昴・1_convert_20130501112157

縺・拷縺ョ蜉帙€€縺昴・2_convert_20130501112338

縺・拷縺ョ蜉帙€€縺昴・3_convert_20130501112504

縺・拷縺ョ蜉帙€€縺昴・4_convert_20130501112616


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。