タタミのあなみずのブログ

あなみずの施工例や暮らしに役立つ情報をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとり言・大事なもの フローリング部屋

健康を考えている方へ

フローリング部屋の事を知ってください。!!



フローリング部屋は風に乗ってゴミがフワフワと


掃除をする際、掃除機の後ろから出る排気が床に溜まったホコリやチリを舞い上げないという代物ですが、裏を返せば床の上のホコリは掃除機の排気でいとも簡単に舞い上がる・・ということの証明でもあります。しかもこの場合の床とはフローリングやCFなど、表面がツルンとした床を指しています。

そんなツルンとした床の上のホコリが舞い上がるのはなにも掃除の時だけに限らず、春先の心地よい風を室内に取り入れたその時、床の上をホコリの塊がフワフワと移動・・・。そんな光景を目にした人も多いはず。で、ここで資料をご覧ください。資料はカーペットや壁紙の製造メーカー、(東リのWebサイトからの引用です。)


各床材の面積とアレルギー患者数との関係

http://www.fa-produce.com/tori1.jpg

床材の変化によるアレルギー患者の推移を示したグラフ。アレルギー対策としてカーペット床からフローリングなどの硬質な床にシフトしたところ、逆にアレルギー患者が急増していったという皮肉なデータ。 資料:東リ


古今東西、やはりカーペットは衛生面であまり良いイメージを持たないようで、北欧スウェーデンでも一時期カーペットは不衛生と判断され、一斉にフローリングなどの硬質床にシフトしたところ、アレルギー患者が逆に増えてしまったという皮肉な結果をグラフは物語っています。

アレルギーを発症した原因のすべてが床材によるものではないでしょうが、硬質床のホコリやチリがカーペットに比べ、室内に飛散しやすいという事は紛れもない事実ですから、データの信憑性は当たらずも遠からずといえます.。一方、ダニはやはりカーペットが大好きなのでしょうか?そんなことはありません。

ダニはカーペットの素材を好むのではなく、中に溜まっている人の皮膚やフケなどの老廃物、そしてお菓子の食べかすが混ざったホコリ、チリなどを目指してやってくるのですから、床の素材は関係がなく、そこにホコリやチリがあれば、硬質床だろうがカーペットだろうが素材に関係なく彼らの安住の地となるのです。

だからフローリングに比べ、カーペットが不衛生でダニの温床というのは全くの誤解。どちらもこまめに掃除をし、清潔を保っていればダニが長居を決め込む・・・なんてことにはならないし、加えて最近のカーペットはほぼすべての製品が防ダニ処理済み。なのでダニが居座るどころか、近寄っても来ない処理がされています。またカーペットはホコリやチリを繊維の中に抱え込む特性があるので、掃除の際にもホコリやチリが舞い上がりにくく、ダニも寄せ付けない。いわばカーペットの方がフローリングよりも衛生面では優れているとさえいえるのです。

どうでしょう、あなたの目からウロコは落ちたでしょうか?

畳がもっと良いことを知ってください。!!




スポンサーサイト

ひとり言・大事なもの 昔の職人 第2話

(50年前の東京の話)

昔の職人は今よりもお客様を大事にしている話をします。

先ず、昔は、お客様の家に伺うときは、玄関からは入りませんでした。職人や商売人は勝手口しか入っては行けませんでした。玄関はその家のお客様が使う所で、職人や商売人は勝手口でした。でも、正月三が日だけは入って良いと親方に言われました。況して、門のある家は木戸口から入り、勝手口に行くのが普通でした。また、門構えがある家はお手伝い様がいて、その人に用事などを伝えるのが普通であった。その家の奥様やご主人と最初に話し手を行けないことを教えられました。そのような家ですから、畳替えも3年ごとに畳の張替をしていたことを思い出します。

その家に関わる職人も定期的に家の仕事をしていました。だから何時も家は綺麗であった。つまり、昔はお客様の家は地域・地元の職人が管理をしていたと言うことです。お客様にも地元・地域の職人を大事にしていたと言うことです。

「余談」
朝の挨拶は、子供さんにも区別なく挨拶をするのが普通であった。「おはようございます。今日、一日お世話になります。」と子供さんまで挨拶をしていた。
(私の会社の職人さんは、今でも子供さんにも区別なく挨拶をしている)

こんな言葉 (私の親方言い方)
1御勤め人さん (おつとめにんさん)
2商売人  (しょうばいにん)
3農家の人 (のうかのひと・百姓とは言わなかった)
4職人   (しょくにん)






ひとり言・大事なもの 昔の職人見習い

昔の畳職人のはなし 第1話  (45年前でまの話)

昔の小僧(見習い)は一年中、朝早く起き(5時頃)仕事をしました。何故、そんなに早くから仕事をするかと言うと、昔の職人の仕事は全てお客様に伺ってからの仕事であった為に早起きでもあった。また、お客様に伺う前に段取りを考えての早起きをしなければ往けなかった。それが、小僧(見習い)の仕事でもあった。
(冬は寒くて辛かった!!)

昔の親方(師匠)は段取り一番、仕事は二番といつも言っていました。段取りをする時間と仕事をする時間は区別していましから、仕事の早い遅いは段取りで全て決まってしまう言い、早起きは大事時間でもあった。
また、昔は手仕事で畳を作っていましたから時間とも勝負でもあった。冬は特に日が沈むのが早いのでとても大変でもあった。

DSCN0872_convert_20130626162115.jpg


職人になる為に45年前の見習いは(小僧)は全て住み込み(徒弟制度)の中で働いていた。
三食を共にし、寝るところも親方の家であった。また、親方は、お客様に対しての目配り、気配りまて教えてくれ、家族以上に厳しく、優しくしてくれた。

今ではこの厳しい仕事の教え方は無いはずだ。それに見習いに対しても昔ほど深い愛情も無いはずである。

昔がよかったな~
親方は、ある意味見習いの人間形成にもあたる!!

小僧が良い悪いは親方次第?

昔の職人見習いは、皆同じ境遇であり、厳しかったな~


だから今の時代を過ごすことが出来るのは、いい親方に会えたことと、手に職を付けたためだ!!



ひとり言・大事なもの 川の字

畳の上で寝るときは、必ずの布団でしょう!!

子供を育てる時期は、畳の上で川の字で寝るのが子供にとって大事と思います。
また、夫婦に取っても良いはずです。

子供がゴロゴロ寝が入りを打っても畳の上で寝るのは安全です。ベットでは転び落ちることもありますが、畳の上の布団で寝るのは安全な場所です。また、畳の上での寝ることは人にやさしくなるのです。なぜかと言うと、子供や夫婦が夜中に寝が入りを打った時に、相手を見ると思います。子供は元気かとか、ご主人は元気とか、相手のことを思うはずです。

ふと、また、目を覚まし時に相手を見てみると思います。また、そんな時に、相手の寝息や心音が微かに聞えてくるのが解るはずです。また、子供もご夫婦も肌が触れたとき同様に相手の寝息や心音が微かにが聞こえて来るのを聞くはずです。

その時に命の大事さや、色々な思いがその時に生まれるでしょう!!
大事な人なら、この人の為にも生きようと思うでしょう!!

畳の上での生活は、心と心の距離を縮めます。また、人の心臓の鼓動を聞き、命の大事さが解り、人に優しい思いやりのある人になるはずです。?

ちっと体験してみませんか? 

子供さんを畳の上で寝かしつけて見てください。きっと良い子に育ちます~よ。
また、仲の良いご夫婦にもなります~よ

畳生活は愛情が生まれます。

私のひとり言



ひとり言・大事なもの 梅雨の季節

今年の東京は、6月の中旬から本格的な梅雨に入りました。毎日、毎日湿度が高い日が続きますね。
夜は特に寝苦しい時期に入ります。夏の時期の部屋 フローリングの上を歩くと足の裏などはベタベタします。

こんな時期、日本の昔からの生活提案をします。

1 昼寝や寝苦しい時は寝茣蓙(ネゴザ)で寝るのを知っていますか?
  寝茣蓙は体の汗を吸い取り寝苦しい昼寝や睡眠には

2 フローリングの上などベタベタした所にはい草の上敷きが良いです。
  上敷きがベタベタを取り除いてくれます。

イ草の畳は日本人の生活の知恵です、エコです。

い草は また、湿度の高い日などは部屋に嫌な臭いも取り除いてくれます。い草は日本のこの時期特に、湿度が高い時はお部屋の生活を快適にします。

また、湿度を摂った寝茣蓙や上敷きは風を通すか 天気の良い日に干して下さい。また、快適に使えます。

エコスタイルです。環境にやさしい


い草(畳)はいいものですよ~



ひとり言・大事なもの  安全・安心

今が旬なもの・・・

最近は道の駅に行くと地域の物・野菜や特産物が多く販売されています。生産者の名前で地域の生産物がわかるようになっています。これは安心ですね。また、自分自身で見て、安全性を確認してから購入できますね。

季節の野菜は自然の物が多いですね。最近は特に旬な野菜は身近にあると思います。
身近な八百屋さんも道の駅同様に見てください。茄子やきゅうりはは今が旬ですね。また、旬の物は旨いものですね これぞ、地産地消費ですね。

作っている人の顔を見れる。安心・安全ですね。

Hydrangeas_convert_20130617114950.jpg


世の中に自然なものが少なくなりました。全ての物が加工品や工業製品なりました。なぜでしょうか?


野菜だけですか。天然もの、旬なものは・・・・


畳のい草も来月から刈取りです~よ 

今年の秋には皆様の所へ届きます~よ




ひとり言・大事なもの  なぜ、なぜ ?


最近、お客様から畳の値段(価格)の事を問い合わせが多くなりました。ある、お客様から安いチラシを見て「なぜ、あんなに安い畳表の価格を表示するのですかと?「」 聞くと、お客様は「穴水さん、畳表が全部安いものと思いますよ。」 

何故ですか、尋ねると
「だって私、熊本生まれ・八代出身です。実家の近くでい草を作っているのよ、畳のい草は農産物でしょう。私、畳表を織っているのを見たことあるんです。長い草、短いい草、選別しているのを見ました。その時に色々に分けて織り上げるだな~と思いました。色や長さを選別しているのが解りました。その時に農家は大変な仕事だと思いましたょ~」

「あなみずさん、畳作りは物作りでしょう。職人でしょう。素人が作っている~の あんなに安いのは・・・」

P1010392_convert_20130606104855.jpg

お客様
この営業のやり方は先ず、お客様に伺ってからオプション(組み合わせ)を入れる営業です。先ず、電話をお客様から頂くために安価な価格を提案して、通常一般的な畳店と同じもしくは割高になっているようです。

弊社でも、お客様が安価な畳店に一度お願いをして また、弊社に戻ってきましたから解ったような状況です。本来は品質と価格が統一しているのが普通と思いますが お客様は価格だけで決めて失敗をしているように思われます。

世の中の値段は、自分自身で決めるので、他人がとやかくいいものではないのですが、価値観はそれぞれ違いがあるのも事実です。安くて良いものは世の中にないと思います。これこそ、価値観の違いです。

安価な物を依頼すれば、色々なオプションが多くなり割高になるのも仕方ないのです。これは営業方法のの違いと思います。畳業界では、この営業方法は関西地区からここ10年位前から始まり関東に上がってきました。

関東の業者はこのような営業は殆どいませんでしたが最近は出始めました。

先ず、安価なものには理由があると言う事です。安くて良いものはありません。必ずゴミを出すようになってしまいます。


安価に見せるチラシ業者
   1 先着 〇〇〇名?
   2 先着 〇〇〇何枚?
   3 日本製もあります。?  本当にそうなの
   4 当日仕上げも承ります。? 何日に預かるの
   5 荷物移動無料  ?  何個まで
   6 1階と2階価格の違い ? なぜ違うの
   7 補修作業費・他など ? チラシに書いてない

色々な畳店が営業をしております。(電話営業・他)

失敗しないでください。


良い畳店をお選びください。

知人・友人・親戚など知り合いにお聞きください。良い店を・・・・

信頼の畳店は地域です。地元です。


よろしくお願いいたします


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。