FC2ブログ

タタミのあなみずのブログ

あなみずの施工例や暮らしに役立つ情報をご紹介します。

人は人の所に集まる           独り言・大事な物

住まいのかたちアンケート             「無印食品の家」から

【家族の団らんは食事が中心】
現在の団らん場所で最も多かった回答はダイニングテーブル(47.5%)でした。 アンケートの結果から、茶の間やこたつが日本人の原風景と考えられますが、茶の間の発展形がダイニングなのでしょう。今も昔も、団らんの中心は食事といえそうです。

【こたつで団らん】
将来の団らんのイメージは、1位リビングソファ、2位ダイニング、3位床座、4位こたつ、5位テラス、6位茶の間…と続きます。
4位のこたつ(29.2%)は、日本人の文化といえるでしょう。現在だけでなく将来も、こたつで団らんと答えている人が多いことも、興味深い結果でした。

【いつかは2人でゆっくりしたい】
これがみんなの理想ですね。将来の団らんで一緒にいたい人のトップは配偶者(92.6%)でした。時間も3時間以上という人が19.9%となっています。家族の最終形は2人です。そのときにゆっくり快適に過ごせる空間がほしいものです。

【将来はいろりで団らん】
いろりで団らんをしたいと答えた人が2.0%います。現状でいろりを持っている人は少ないと思いますが、いろりのある家庭も将来増えてくるのかも知れません。

団らんの理想形は、子供の頃の楽しかった原風景と大きな関係性がありそうです。

余談
日本人は床座が好きなんです。 ( 畳 が 一 番 )
こころ休まる所なのです。
それが家族のしあわせに繫がるのです。



スポンサーサイト