タタミのあなみずのブログ

あなみずの施工例や暮らしに役立つ情報をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の家  大事な物・独り言

海外から帰ってきた人のお話

ここ数年日本の住宅の中に天然素材や昔からの職人技術の減少で、日本の家なのか、外国の家なのか解らなくなってしまいました。ただ言えるのは靴を脱いで上がるのは日本の家かもしれません。

私が生活した時代 「昔30年ぐらい前までは新築する前(実家)は家の中は畳と襖・障子で部屋の中はすっきりしていましたし、職人が手を駈けているのが子供ながら解りました。また、決してお金を賭けた家ではなかったのです。小さい家でしたから

私が日本に帰るので新しく家を作ることにしました。築40年位経っていましたので、両親に任せました。帰ってみるとびっくりしました。親に聞くと、建築会社の提案で洋室が今の時代ですよと言われ、多くの和室を諦めたようです。親も私(子供)の為にと思い、今の時代なら洋室が良いと思ったそうです。もれもまた、建築業者も重ね重ね提案するので了解をしたそうです。

私も、海外の生活なので新築を親に任せました。今になっては遅いのですが、やはり日本人は和室がいいと思います。昔ながらの家が全てとは言いませんが、和の空間は日本人しか解りません。日本人は目線を下げるから、今世界中の話題の思いやりやおもてなしが出来るのではないですか? もう一度目線を下げ、家族の思い、人への思いやりを考える時ではないですか?座の生活は日本人そのものですから・・・・と!

なにより、畳の上はリラックスできますから(ゴロゴロするができるから)

帰国してわかったことは、今の日本の住まいは工業製品の大量化で、家の中は、のっぺらぼ~ 何の変化もありません。ただ表面(クロス張とドア)だけが見えるだけで、何の変化もありません。

今時代が個性、個性と言う割には均一で、住む人にとっては心温かくなる場所ではありませんね~?・・・

穴水さん畳はいいですよ・和室はいいで~よ。もっと多くの方に和室の良さを伝えてください。私も応援します~よ」


帰国したお客様からのお話です。

和室の再認識をしてみませんか?  




スポンサーサイト

日本の家庭     大事な物・独り言

家は生みか

日本の住宅は、昭和50年代に建築法が大きく変わりました。その理由はツーバイ工法(壁工法)が始まり、家庭生活も大きく変わりました。壁やドアに仕切られね家庭内が他人と生活をしているようになりはじめました。

昔の日本の家を思い出してください。例えば、サザエさんの家 玄関は広く、廊下があり、部屋の仕切りは襖・障子で区切ったはずです。つまり今で言う「おもてなし」や「おもいやり」は全て和の部屋からです。大事な時に部屋を仕切り、全てがオープンで解放していました。

何故、日本人は靴を脱いで上がるのか?

日本人の家や日本人の習慣は、日本人しか解りません。

今の家の作りは、社会問題の「いじめ」は家庭内から始まっているのではないかと私は思うのですが・・・・
なぜなら、家庭内での会話が無くなり、一人でいても何の変化もなく過ごせるからではないのではないですか!
相手(家族)の事などはどうでも良い、自分の事だけをしていればそれでよいと言う事です。また、親の役目も放棄しているようです。家庭内は会話でしょう。?

家族で話をしましょう。相手の気持ち、人の気持ちが解るでしょう?

家族とは・・・・・
家庭とは・・・・・

見直しをしましょう。日本人の家の作りを・・・・? 
(ある社会学者も同じようなことを言っていました。)

何故、日本人は「いただきます」「ごちそうさま」と言うのですか?(全てへの感謝です)

日本人のおもいやりですね?

思いやりは、人と人の繫がりです。
家族から始めましょう?

それも、畳の部屋からです。 
畳生活は心の距離をちぢめます~よ ?  畳が一番





文化と伝統  独り言・大事な物

文化と伝統

文化とは ?

今 = 現在 = 身の回りの物 = 今あるもの

伝統とは ?

言い伝えられてきたこと = 言い伝えたいこと = 守ること・守られの物

畳は文化ですか? 伝統ですか? どちられすか? 

私はが思うには、生活をしているすべてが文化であり、伝統であるのですか~ね?・・・・

畳のこと知って下さい。
近年、畳業界も色々変化に沿うように変わりつつあります。

逢着と圧着
畳は本来縫う「逢着」もので貼り付け「圧着」たりするものではないはずです。

縫うと言う事は張替が出来ると言う事です。何回でも縫うことが出来ます。貼り付けは一度で終わりです。
貼り付けは、畳床にとってダメにしてしまいます。

天然い草と工業製品(樹脂。他)

今の世の中は自然い草を大事にしなくなり、加工した製品や工業製品が多くなりましたが
畳表の工業製品が長持ちするとは限りません。

い草の畳表も工業製品と同じ価格も物でしたら、工業製品よりい草表の方が長持ちいたします。

畳表、い草は香りや色の変色が楽しめます
日本人の自然を愛する姿が無くなりつつあります。

○○総理の「日本を取り戻そう」 畳生活を?


畳は良い物です.  大事な物・独り言

正月も終わり、正月はどのような過ごし方をしましたか?
日本人ならお正月の生活をしたと思います。

初詣は行きましたか?
おせちは食べましたか?
お年玉はあげましたか? もらいましたか?
家族と団らんをしましたか?

和(畳の上)の生活はしましたか?
これぞ、日本人のお正月


『快適な癒し空間の作り方』より

快適な癒しの空間の作り方のご紹介です。

くつろげる場所は人それぞれ異なり、例えば、リビングのソファーの端っこやトイレが一番落ち着く人など、お気に入りの場所は誰にでもありますよね?

あなたはどんな場所が一番くつろげますか?
ここでは、快適な癒し空間の作り方をご提案しますので、部屋作りの参考にしていただければ幸いです。

まずどこの家にも必ずといっていいほどあるのが、和室です。
今は洋風の家が増えていて、中にはフローリングしかないというお宅もありますが、やっぱり日本人にとって畳こそ、癒しではないでしょうか?

畳のあの独特の香りと肌触りは、癒し効果抜群です。
イグサの香りだけで癒されるという人も少なくないのではないでしょうか?

畳は子育てにも最適で、床ほど硬くないので、転んでも安心です。

畳の種類は豊富で、カラフルなものや殺菌・消臭効果があるもの、洗えるものなど多種多様です。
また、置き畳というものもあり、フローリングしかない家でも簡単に和室が作れます。

サイズも様々なので、用途に応じて使い分けでき、便利です。
また畳の他に、木のぬくもりも私たちに癒しを与えてくれます。

私たちは癒しを、視覚や嗅覚、触覚など体の五感で感じます。
木は、その色合いと香り、肌触りなど何とも言えず、心地よいものです。

木で作られた家は、あたたかみがあり、インテリアにも利用することで、癒しの空間作りにも役立ちます。

例えば、リビングや和室に置くテーブルを木目が綺麗な木製のものにしたり、座椅子などの椅子を木製のものにするだけで、部屋全体が落ち着きます。

洋風なものもいいですが、やはり日本人は、日本古来のものに癒されるのではないでしょうか?

そして、何より基本はお掃除です。
汚い部屋のほうが落ち着くという人は稀にいるかもしれませんが、汚いところで癒されるという人はまずいません。

こまめにお掃除をして、常に清潔に保ちましょう。
綺麗な部屋は綺麗な空気を保ち、気持ちの良い空間を作ってくれます。

リビングなど、過ごす時間が長い場所を居心地よくしておくと、常に癒され、毎日気持よく過ごせるので、お気に入りのインテリアを置くなり、自分なりの部屋作りを楽しんでみてください。



日本人なら解りますよね?

『畳の上での癒し』 大事にしましょう!!    


今年も宜しくお願い致します。

あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。