タタミのあなみずのブログ

あなみずの施工例や暮らしに役立つ情報をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畳とフローリングの違い  大事な物・独り言

 「室内に浮遊するホコリ」

天然素材と加工製品の違い   畳とフローリングの違い


no1.jpg

現在、日本の住宅の中は、フローリングが多く使われています。昔から日本の住宅の中の床は畳が全て畳の部屋であったはずです。日本の自然環境から考えれば畳が良い床材であったに違いありません。この敷物(畳)床材は何であるのかというと東アジアの湿地帯や日本の各地に自生し、い草と呼ばれる水草の一種を素材として、それを木の枠に何層も糸で織りこんで(着物のおる機械し同じ )一枚の敷物にしたものを言います。この床材として柔らかさや硬さで畳が普及した。

また、昔から日本人は家を作る場合でも身近に森林が多くあることが理由で、石の家が多い欧州と違い、全て身近な物を利用して木造の家屋を作り出したのです。畳は現在のように木造建築ができた時代にさかのぼるのですが、この敷物がここまで普及したのは先その素材にあるイグサに関係しています。このイグサは湿地帯の水分のある土壌に自生するために水草特有である茎の中には大きな空気の通り道である空洞があるのです。

その空洞が小量な水分を含みまた、乾燥してもそのままの状態で維持されております。例えば、湿度の多い夏などは茎の中に湿度を含み、乾燥時に吐き出すも役目をしています。また、イグサの香り、部屋に異臭がある場合の臭い物質の吸着と消臭の役割など日中生活を快適に過ごすにおいて大きな役割を担っているのです。い草の畳表は生きているのです。今話題のPM2.5やハウスダストなどには天然い草は室内に浮遊しているPM2.5やハウスダストなどをい草に付着させることが出来るのです。フローリングの部屋ではPM2.5やハウスダストなどは舞い上げるだけで健康な部屋になりません。

近年においては西洋建築を取り入れた住居が一般化したことで、特に床においてホコリなどを拭きとりやすいフローリングの普及によりこの畳の需要が減少してしまったのです。でも、フローリングの部屋は常にホコリが舞い上がるのが日常です。い草の畳の良さは、「身近な健康床材」自然ものです。

images[4]

畳表の素材であるい草が日本で撮りづらくなったこともありそのため一時この畳の文化自体が無くなりかけたのですが、この長所が見直されることによりさらに日本が世界に自国の文化を発信したことで現在は流れが変わっています。それは世界での建築物というのはその建物自体が住むものだけとされ必要最低限のもので出来ていたのですが、近年、日本の文化が伝わることで日本の家屋の特徴である四季つまり自然との調和を西洋建築に取り入れる流れが出来ているのです。

そこで日本風の家屋を作る際には日本からこの畳を輸入して床に敷くことがブームとなっており、そのため世界各国でふたたび脚光を浴びて日本でもフローリングの上に乗せる形のものが普及して使われるようになっています。


健康を大事にする人に・・・!

考えなおしてみませんか、日本の風土に合っている畳や木造建築を・・・?


スポンサーサイト

風雨から建物を守る 。大事な物・独り言

【和の住まいのすすめより】 風雨から建物を守る

【住まいつづりの目的】  外的環境から建物を保護する
[家をいためる自然の力を和らげる』


年間降水量が世界平均の2倍で、台風の襲来が多いわが国では、強風や強雨、多雨から建物を守る工夫が古くから講じられてきました。

雨の影響が最も受ける屋根は、「勾配屋根」とし、「深い軒」を出すことが重要です。勾配屋根は、雨水を速やかに建物の外に排水するための合理的な形態です。軒は、雨を外壁面に当たりにくくして、建物を雨から守ります。

imagesNF2F2PMO.jpg

imagesTKPFO7DH.jpg

屋根を葺く「瓦」は、紫外線などにも強い耐久性の高い材料であることに加え、瓦の裏面に空気層があることで、雨水や湿気が入った場合でも、その排水や乾燥をうながします。

外壁には、雨掛かりの影響を少なくするために、土壁の外側に「板壁」を設ける。防水性の高い「漆喰壁」とするなど、土壁を保護する工夫が一般的に行われました。雨の多い高知などで見られる外壁の水切り瓦は、壁を伝雨水をこまめに切ることで、外壁に影響する雨水の量を軽減する工夫です。

imagesFFFP3O5N.jpg

開口部から雨水侵入を防止する対策も重要で、「窓庇」や「雨戸」を設けることも効果があります。 つづく

【住まいつづりの目的】 外的環境から建物を保護する。
『風雨から建物を守る』 

和の住まい推進関係省庁連絡会議より 
【文化庁・農林水産省・林野庁・経済産業省・国土交通省・観光庁】


日本の風土[自然環境]は世界にない環境と言われております。


日射熱を集め畜えて暖かくする 大事な物・独り言

【和の住まいのすすめより】   日射熱を集め畜えて暖かくする

掃出し窓、土間、土壁、自然素材、地域産材

【住まいつづりの目的】心地よく環境にやさしい生活を支える
[冬の快適、あたたかな生活を寄与する』


冬に太陽からの日射量が多い地域では、日中の太陽熱を室内に取り入れて暖房の効果を得ることが出来ます。暖房効果は、太陽熱を室内に多く取り入れ(集熱)、熱を畜えて夜間などに持ち越す(蓄熱)ことで得られますが、屋根、壁、床や開口部などの断熱性を高めて熱が室内から外に逃げないようにすることが必要です。かっての日本の住まいから、このうち集熱と蓄熱に効果のある手法を見出すことが出来ます。

「掃出し窓」などの大きな開口を設ける住宅のつくりは、集熱に適しています。「掃出し窓」を南面に連続して設けることにより、集熱の効果が上がります。窓の上にある程度深い軒があっても、冬期は太陽高度が低いので、集熱が損なわれることは少ないと言えます。

imagesQE8YTIX7.jpg

imagesQUITCK4S.jpg

蓄熱の効果をえるためには、土、石、陶器質タイル、瓦、漆喰など、熱容量が大きな材料を室内に用いることが必要です。「土間」を外周壁や間仕切り壁に用い、漆喰塗を仕上げなどとすることも蓄熱効果を高めるために有効です。また、「土間」は熱容量が大きな材料を用いやすい床です。

2013-07-21 09.09.16

南玄関の土間床を大きく取りリビングにつなぐプランなども考えられます。  つづく

【住まいつづりの目的】  心地よく環境にやさしい生活を支える
[日射熱を集め畜えて暖かくする』 

和の住まい推進関係省庁連絡会議より 
【文化庁・農林水産省・林野庁・経済産業省・国土交通省・観光庁



熱移動を調節し寒さを緩和する。       大事な物・独り言

熱移動を調節し寒さを緩和する

【和の住まいのすすめより】   熱移動を調節し寒さを緩和する
 
         縁側、雨戸、障子

【住まいつづりの目的】 心地よく環境にやさしい生活を支える
[冬の快適、あたたかな生活を寄与する』


住宅の断熱性をできるだけ高めて、冬に室内から外に熱を逃がさないようにすることは、あたたかく暖房エネルギー消費の少ない住宅づくりを目指すときの基本となる考え方のひとつです。かっての日本の住まいは、断熱性の面では劣っていましたが、室内と屋外の境界部分に断熱性を向上に寄与しうる要素が幾つか使われてきました。

1[1]

「縁側」は主室と戸外の間に設けられた巾三尺から六尺程度の板の間で、縁側と和室の間は通常障子で仕切られて、熱的な暖衝空間として機能しています。主室を直接外面させず縁側を設けることにより、厳しい戸外環境の影響を小さくし、主室の環境を保つ効果が期待されます。

imagesW5E6Q7QD.jpg

images[5]

images6F78SVXD.jpg

現在のサンルームなどは環境調整空間の新しい形と言えます。また、雨戸、網戸、ガラス戸や障子といった様々な外部建具を組み合わせて、季節や地域の気候特性に応じて使い分けることも大切です。

戸外の寒暖、雨風、昼夜などの変かに応じて、住まい手自らが開放・閉鎖を使い分け、室内環境の維持・形成に役立てることができます。「雨戸」は風雨から開口部を守ること以外に、防犯、遮音、断熱にも役立てることができます。冬の戸外の寒さに対しては、戸の素材や戸と枠の取り合いなどを工夫することにより、断熱性を高めて寒さを和らげることも可能です。  
つづく


【住まいつづりの目的】  心地よく環境にやさしい生活を支える
[夏の快適、涼やかな生活を寄与する』 

和の住まい推進関係省庁連絡会議より 
【文化庁・農林水産省・林野庁・経済産業省・国土交通省・観光庁】


「和の住まいのすすめ」は、今回で、12回になります。今、日本の社会では日本人を取り戻そうと言われております。「しつらえ」や「おもてなし」は日本の文化、伝統です。それも和の生活からです。日本は自然環境に恵まれ、四季折々の生活を営んできました。そこに家があるのです。

見直しましょう!日本人の生活を・・・日本の畳を・・・

「しつらえ」 
 人を迎え入れる為に、飾りたてることをしませんか?どなたにも、家族にも
「おもてなし」
 畳をきれいにして、お迎えなさいませんか? 

 ご・ゆ・る・り・と



花見に行きませんか?  

行きませんか

「タタミのあなみず」 ショールームにて
古ゴザを無料で差し上げます。
何枚でもお持ち下さい。

DSCN1095 お花見

images6IEETGRZ.jpg images752CTJXQ.jpg

imagesFZ6908W4.jpg imagesRR9YTKY6.jpg

imagesZ4OFQ1US.jpg images63QUM21I.jpg

日本人の好きな花「さくら」 

ちょと近くに、出かけてみませんか?




畳は健康生活に役立つ    大事な物・独り言

たたみとゆか                      

http://www.biwa.ne.jp/~chiro/kannkyou/yuka-hie.htm   
「カイロプラクティック」様 資料より

臨床において、フローリングの床面(以下ゆか)で冷えて、筋肉の硬直により、肩痛や腰痛、下肢痛になっていることが、よく見受けられます。私も、ゆかにおふとんを敷いて寝て、冷えによって左手が上がらなくなった経験をしています。 そこで、たたみとゆかを使い、手や足の温度を測定して、ゆかは本当に冷えるのか実験してみました。

このようにして実験しました。
畳と床 1

  畳と床 2
● 手平の温度を測定してみました。
■ たたみは、暖まって保温に向かうのに、ゆかは冷えていきました。

 畳と床 3
● 足の裏の温度を測定してみました。
■ たたみのほうが、3倍も温度上昇が早い。
  


い草、い草の畳の良さは、健康やエコ[床暖房なし]に役立つことが解ると思います



自然の風を取り取込み涼感を得る  大事な物・独り言

【和の住まいのすすめより】   
自然の風を取り取込み涼感を得る
 

掃出し窓、高窓、天窓、地窓,越屋根、格子、続き間、吹き抜け、襖、引き戸、欄間、坪庭・中庭、


【住まいつづりの目的】  心地よく環境にやさしい生活を支える[夏の快適、涼やかな生活を寄与する』

images[6]     images[10]

蒸し暑いモンスーン気候のわが国では、「夏を旨にすべし」と言われてきたように住まいに自然の嵐を取り入れて涼感を得ることが、古来より重視されてきました。

風邪を取り入れる為には、風の流入口と流出口となる開口部を壁に設けることが必要です。夏や春・秋における敷地の風特性を読み取り、卓越風が当たる壁面に「掃出し窓」などの大きな開口部や、全開放できる開口部を設けることが効果的です。室内に停留する空気を温められて上昇しますので、開放できる「高窓」を設けてそこから排出するとともに、室内の低い位置に「地窓」を設けて外部空気を取り入れ、室内空気の循環を促進することも有効です。

images0VSG60SE.jpg   images5IU76HGX.jpg

開口部の防犯性やプライバシーを高めるためには、大きさを工夫したり、「格子」などを付属させることで対応できます。室内の通風性や空気循環性を高めるために、平面的には「続き間」を断面的には「吹き抜け」を設けて、連続性・一体性の高い間取りにするとともに、部屋と部屋の間を「引き戸」「欄間」で、開放しやすくしておくことも大切と言えます。

imagesKINQYT0L.jpg  wa_020_s[1]

狭小な敷地の場合、「坪庭」や「中庭」を設け、日中日陰となる庭を通じて、湿度の上がらない外気を室内に取り入れて、涼感を得る方法もあります。   つづく



【住まいつづりの目的】   
心地よく環境にやさしい生活を支える『夏の快適、涼やかな生活を寄与する』 


和の住まい推進関係省庁連絡会議より 
【文化庁・農林水産省・林野庁・経済産業省・国土交通省・観光庁】




FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。