タタミのあなみずのブログ

あなみずの施工例や暮らしに役立つ情報をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸時代の子育ての基本  大事な物・独り言

江戸時代の子育ての基本     「子育てナビ」より

江戸時代の子育ては大変子どもを大切にした子育てをしています。その基本として次のようなことを言っています。

「畳文化保存会  イベント コースーター作り」より
2010-08-28 14.52.37 (600x450)

1 親自身が誠実に生き、子どもに対して嘘をつかず、と言っています。これは親が手本となり、子育てをし、子は親を見て 育つと言ということです。
2 からかったり、おびえさせたりさせないこと。
3 子どもが本当に求めていることを知ろうとしなさい。
4 常に子どもの行動を受け止めて導いていくようにしなさい。


Hydrangeas (600x450)

この子育ての基本を見ていますと、日光東照宮の三サルを思い出します。子どもには悪いことは「見せない」、悪いことを「聞かせない」、悪いことを「言わない」で健やかに育てようとの当時の考えが良く分かります。


2012-09-30 08.43.13 (600x338)

余談
畳の好きな親は、子供も好きになる。子供は親の生き写しです。畳がいいと言うことを子供に伝えましょう。
なぜ畳がいいの? 家族みんなで、ゴロゴロできるから・・・・と!!





スポンサーサイト

足腰に良い畳の話  大事な物・独り言

畳=日本の伝統黒幕  藤森照信様の書から
 
 畳についてここ数年のうちに仕入れたネタをまず話したい。一つは最良の畳について、畳には適当な堅さと適当な柔らかさが必要で、この矛盾した要求に合う畳床の選択こそが最良の畳への近道なのだが、その材料についての新ネタ。もちろん普通の畳床は稲のワラを使うが、鎌倉のある戦前の高級別荘を探訪したときに、普通の畳とはどうも感触がちがう。表面は柔らかく、踏むと少し沈んでからキュッと止まる。なかなかいい、管理の人にたずねると、ワラ床の代わりに松葉がギッシリ詰まっているという。松葉床

これが最良とおもっていたら、すぐライバルが現れた。東京の西郊の旧伯爵邸を訪れたとき、ここも踏みごこちがいいので聞くと、シュロが詰まっているという。シュロ床。松葉床対シュロ床の争いはどちらに軍配があるかわからないが、ワラしかないと思い込んでいた私には、畳のことを改めて考えるいいキッカケになった。

もう一つは、畳の上での洋風の暮らしについて、田舎の古い家では、畳の上にジュータンを敷き、イス・テーブル・ベッドを入れて子供部屋にすることが多いし、同じことは下宿屋なんかでもしばしばみられる。こうしたやり方は、あまりに便宜的でいい加減だと馬鹿にしてきたがそうもいえない畳+ジュータンの生活があることを知った。例の日本一の富豪の三井家の生活史を調べてみて、明治の半ばの三井家本家では、和風建築の畳の上にジュータンを敷き、靴の生活をしていたことがわかった。後でジュータンを敷き込んだろうと考えて詳しくチェックしてみると、はじめからそのように計画した家に相違ない。どうもいいかげんなやり方じゃなくて、超一流の家でもやってもおかしくないやり方だったらしい。

いったいどこから始まったのか、ルーツを調べてみると、明治宮殿の天皇の私生活部分がそれをしている。明治天皇は、ヨーロッパ式のイス・テーブルの生活を開始するにあたり、板の床にジュータンではなくて、わざわざ畳を敷きその上にジュータンを敷いていたのだった。

DSCN0825 (600x450)

幕末の畳とイスの葛藤 

いったいどうして、そんな紛らわしいことをしたんだろうか。いろいろかんがえられるのが、一つには幕末からの習慣があったように思える。幕末は開国し外国使節との対面が行われるようになったとき、座る日本とイスの西洋の矛盾をどのようにするかという大問題が生じた。西洋からの使節は、江戸城に来ても靴は脱がずにそのまま畳に上がり、将軍との対面の席でも、けっして座ったりはしなかった。仕方なく日本側は畳の上に毛氈を敷き、お寺などに伝わる形式の椅子を用意し、さらにまた日本の将軍のためには畳を椅子と同じ高さだけ積み上げて将軍の座とした。こうした苦肉の策がいつまでも続いたとは思えず、牢名主のような畳の重ね積みはすみやかに廃止され、ちゃんとしたヨーロッパ式のイスが持ち込まれ、畳が傷むのを防ぐためジュータンが敷かれた、ちがいない。

 この幕末に由来する習慣が明治宮殿まで持ち込まれ、そしてそのやり方を三井家が取り入れたと考えたらどうだろうか。しかし、これだけでは納得できないところがある。習慣だけで採用されたわけでもなく、プラス機能上の理由があったんじゃないだろうか。この問いにこたえてくれたのが三井家のご子孫の方々で畳+ジュータン問題について尋ねると、クッションが良く
足腰のために良かったからと聞いているのこと。ナルホド、そうだったのか。床の作り方は足腰の老化に決定的な影響を与え、コンクリートのような堅い床の上で暮らすと足腰が傷み、老化が急速に進行し、一方、板の床はいなる部分だからにいい。

現在、足腰に最もよいという床を使っている知人の家に訪れたとき、歩くたび足の下が数ミリは沈み、その沈み方の大胆さにビックリしたが、知人によると、この床にしてから足腰の疲れが少なくなったそうだ。とすると、明治の宮殿で採用された畳+ジュータンは当時の床の作り方として、世界で一番足腰の為によかったんじゃあるまいか


畳表の写真back (600x418)

余談
今よく畳が堅いと言う人が多く見受けられます。現実は安価の畳床が多いので、これはほんとうの事です。少しお金を出すだけで柔らかい畳床が入ります。ご近所の畳店にご相談ください。また、住宅メーカーや大工さんにご指定下さい。

足腰に良い畳床は割高にはなりますが、健康を考えれば、納得するはずです。




熊本・八代に行ってきました。

熊本県八代市に行ってきました。6月14日(土)15日(日) 2日間 畳生活提案協同組合の活動で

これがい草の田んぼです。↓
DSCN1433 (640x480)
日本のい草の生産、日本一 !!
<DSCN1431 (640x480)
畳生活提案協同組合の契約い草の田んぼ
DSCN1434 (640x480)
八代市の農家、沼田さんご夫婦です。「畳屋さんのお客様の為に、朝から晩まで頑張ってます~ょ」 奥様からのメッセージ
2014-06-14 14.00.49 (640x360)
畳生活提案協同組合の契約い草の田んぼ↑

弊社、タタミのあなみずの契約田んぼです。
2014-06-14 14.16.35 (640x360)
こんな大きな「カエル」が出てました。
カエルの一言(日本一の熊本い草を使てくださ~い)



い草の畳は健康 第二弾  大事な物・独り言

イグサの香りに血栓予防効果 倉敷芸科大・須見教授ら確認
http://www.sanyonews.jp/article/25106/1/  
岡山・山陽新聞から


    sumih1[1]  倉敷芸大須見教授

 イグサから抽出した香り成分(中央)と須見教授。右はアロマオイルの試作品
イグサの香り成分にヒトのt―PA(血栓溶解因子)生産量を高める効果があることを、倉敷芸術科学大生命科学部の須見洋行教授(食品機能学)らが突き止め、6日発表した。アロマセラピー(芳香療法)などにより、脳梗塞や心筋梗塞の原因となる血栓の予防効果が期待できるという。


 須見教授は、納豆菌が作る血栓溶解酵素・ナットウキナーゼの発見で知られ、花ござ製造販売の沖宗(倉敷市茶屋町早沖)の溝手久弥取締役と共同研究。国産イグサを低温のアルコールに一定期間漬けて香り成分を抽出、体への効能を調べた。実験では培養したヒトの細胞に濃度を変えながら香り成分を投入し、t―PAを測定。水で2倍に希釈した場合、通常の約20倍に増えた。さらに血液細胞の一種、血小板の凝集反応を調べたところ、血小板の凝固を促すコラーゲンなどの働きを阻害し、血が固まりにくくなることを確認した。

 須見教授らは、イグサの香り成分を「イグサリュパミン」と命名し、4月に特許を取得。沖宗はイグサリュパミンを配合したアロマオイルを開発しており、7月にも販売する方針。須見教授は「イグサの癒やし効果は古くから指摘されてきたが、血液をさらさらにするなど健康に良いことも裏付けられた」、溝手取締役は「さまざまな臨床データを集め、イグサリュパミンの用途開発を進めたい」としている。


余談
ご参考まで!!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。