タタミのあなみずのブログ

あなみずの施工例や暮らしに役立つ情報をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本人で良かった」    大事な物・独り言

日本人で良かった

「日本人で良かった」と思うのはどんなこと?―「飲食店ではお水がタダ」  マイナビウーマンより

普段生活している中で、ふと「日本人で良かったなぁ」と思うこと。皆さんは、どんなことがありますか? 筆者はおいしいおみそ汁を飲んだときに「日本人で良かったなぁ」と思います。こうした日本人で良かったと思うことを、聞いてみました。

【日本の誇り 日本酒に親しむ】
Q.普段生活をしていて「日本人で良かった」と思うことはありますか?
・ある……428人(64.7%)
・ない……234人(35.3%)

アンケートの結果、428人が「普段の生活で日本人で良かったと思うことがある」と回答しました。次はそれはどんなことなのか聞き、ランキングにまとめてみました。

●第1位 和食……159人
・和食や刺し身を食べておいしいと感じるとき。(27歳女性/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・和食を食べて日本酒を飲んでいるときに思う。(29歳女性/情報・IT/その他)
・おいしい白米を食べているときに思った。(30歳男性/情報・IT/技術職)
・おすしなど、和食に関しては日本人で良かったと思うことが多い。(30歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)
ダントツの回答数だったのは「和食」に関することでした。つやつやの白米やおみそ汁、納豆など日本ならではのものを食べたときは「日本人で良かったなぁ」と実感しやすいようですね。

●第2位 日本の治安の良さ……74人
・外国の治安の悪いニュースを聞いて日本は平和でいいと思った。(28歳男性/医療・福祉/専門職)
・電車内で寝られるし、夜遅く歩いていても外国ほど危険じゃない。(23歳女性/マスコミ・広告/事務系専門職)
・海外旅行に行くたびに治安やサービス面で日本はいいなと思う。(27歳女性/金融・証券/営業職)
・夜道を一人で歩いていても安全なところ。(28歳男性/学校・教育関連/事務系専門職)
次に多かったのは日本の治安の良さを実感したとき。電車の中で眠れたり、夜道でも海外と比べると安全だったりします。海外の人も、日本の治安の良さをうらやむ人が多いそうですね。

●第3位 トイレがきれい……27人
・ほとんどのトイレがきれいに保たれていることは日本で良かったと思います。(36歳女性/学校・教育関連/その他)
・トイレで用を足すときに思う。日本のトイレは世界一清潔だ。(44歳男性/情報・IT/クリエイティブ職)
・トイレなど公共施設がきれい。(25歳女性/医療・福祉/専門職)
トイレがきれいなことも、日本人で良かったと思うことのようです。確かに海外の公衆トイレは、清潔に保たれていないことが多い気がします。

●第4位 温泉に入ったとき……25人
・温泉文化ですね。(31歳女性/食品・飲料/秘書・アシスタント職)
・温泉にゆったりと入っているとき。(25歳女性/金融・証券/専門職)
次は「温泉」に関する回答でした。露天風呂に漬かったときなどは本当に実感しますよね。

●第5位 四季……19人
・四季を感じられるので。暑くても寒くても、これが日本だなぁと思う。(26歳女性/医療・福祉/専門職)
・四季があり、その季節ならではの旬の食材などが楽しめること。(30歳女性/運輸・倉庫/経営・コンサルタント系)
日本の四季を挙げる人も複数いました。季節ごとのイベントを楽しめるのもいいことです。

●第6位 日本人のマナーの良さ……16人
・順番に並んだり、マナーがいいこと。(30歳女性/金融・証券/専門職)
・協力的かつマナーがいいこと。(30歳男性/建設・土木/営業職)
日本人のマナーの良さも「日本人で良かった」と思うことのようです。特に案内がなくても、順番に並んだりすることが多いのは日本人の特性の一つですね。


●第7位 畳……14人

和室で畳に寝転がったときに日本人で良かったと思う。(30歳女性/情報・IT/技術職)

日本独自の畳の文化も「日本人だなぁ」と実感することの一つです。「新品の畳の匂い」は、海外の人には理解しにくいものでしょうね(笑)。


●第8位 アニメ・漫画……12人
・世界最高レベルのアニメや漫画がたくさんあり、楽しめること。(26歳女性/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)
アニメや漫画の文化も日本ならではと感じることが多いものです。海外にもファンが多いですよね。

●第9位 温水洗浄便座を使うとき……7人
・温水洗浄便座完備のトイレがたくさんあるのは、日本人でうれしいと思う。(28歳女性/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)
海外の人がうらやむ温水洗浄便座。日本が世界に誇れるものです。

●第10位 コンビニ……5人
・日本のコンビニは世界一サービスが充実していて便利。(25歳女性/生保・損保/営業職)
コンビニのサービスも充実していますよね。とりあえずコンビニに行けばなんとかなる感じがします(笑)。
ランキングトップ10はこのようになっています。確かにどれも「日本人で良かったな」と思うことですよね。

少数回答では、
●エレベーターの故障が少ない。(30歳女性/機械・精密機器/営業職)
●水道の水が普通に飲めて、飲食店ではお水がタダなこと。(27歳女性/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
●日本に居ながらさまざまな国の料理が食べられること。(25歳女性/学校・教育関連/事務系専門職)
●お金がなくても何とか生きていける。(40歳女性/不動産/事務系専門職)
●交通機関がほぼ時刻表どおり。(23歳女性/運輸・倉庫/経営・コンサルタント系)
●徴兵制度がないこと。(22歳女性/情報・IT/事務系専門職)
●日本語のバリエーションが多く、話のニュアンスを何パターンも考えられるとき。(25歳女性/小売店/その他)
といった回答がありました。

和食の世界遺産認定や、2020年の東京オリンピック開催など、世界から一層注目されている日本。こうした「日本人で良かった」と思うことは海外の人からもうらやましいと思われることです。これからも、こうした日本人で良かったと思うことを守っていきたいですね。
※マイナビウーマン調べ。(2014年7月にWebアンケート。有効回答数662件。18歳~77歳の社会人男女)
(中田ボンベ@dcp)


余談
「日本人で良かった」と思うのは、他国との違い歴史感を大事にすること、言い伝えや誰しもが喜ぶこと「おもてなし」をしている社会なのかもしれません。そこには「しつらえ」があります。迎え入れる「動さ」や「しぐさ」などは日本人そのものです。

でも、最近は人に迷惑をかけないと言うこと、今は、ちょと変わりつつありますね。

大事にしよう「日本人の生活」

大事にしよう「日本人の和生活 ・畳」






スポンサーサイト

この人を知っていますか?  大事な物・独り言

この人を知っていますか?

DSCN1486 (1280x960) (500x375)
実測地図を製作した、「伊能忠敬」

伝統ある商売や職人の計算は500年まえから使われていたと言うことです。物事を作り出すのには、このような人々がいたと言うことです。また、日本人のすばらしい知恵があったと言うことです。

和算とは
和算(わさん)とは日本で独自に発達した数学です。
特に江戸後期には日本中で数学ブームが起き、最終的に関孝和が行列式や高等数学を大成させました。しかし、明治時代に西欧数学が輸入され、和算は日本の教育現場から姿を消していきます。


和算といま
明治時代以降、使われなくなってしまった和算ですが、現代、その素晴らしい文化や内容が各方面で見直されてきています。「鶴亀算」などは皆さん聞いたことがある方も多いかもしれません。これは中学受験の問題ですが、首都圏の私立学校を中心に、和算を授業に取り入れる動きも出てきています。また和算を題材にした小説や漫画など和算を扱った書籍も最近では数多く出てきているようで、数学が好きな女性(いわゆる数学女子)を中心に密かにブームになっているそうです。

P1010450_convert_20130924095603.jpg


和算の特徴
和算が見直されてきている理由は、その楽しいストーリー性にあります。
例えば若い少女を好きになってしまった男性の禁断の恋を題材にしているものや、家督相続で遺産をどう分配するかといった生々しいものもあります。無味乾燥な問題ではなく、問題ひとつひとつに愛や楽しさがある、まさに江戸っ子ならではの粋さが垣間見れますね。

和算の歴史
奈良時代
中国から数学と計算道具の「算木」が伝わる。
算博士が算生に数学を教える。
平安時代
万葉集に「九九」の記述あり。
室町時代
中国の明からそろばんや数学の本が貿易を介して伝わる。
1600年
日本最古の数学書「算用記」ができる。
割り算や利息の計算などが行われる。
17世紀
寺子屋(庶民の学校)でそろばんの計算を教えるようになる。
1622年
毛利重能の「割算書」ができる。
1627年
吉田光由の「塵劫記」ができる。
そろばんの計算を記述した本書は大ベストセラーとなり、類似本・海賊本が数多く出版されることとなる。
1641年吉田光由の「新篇塵劫記」ができる。。 巻末に答えのない難問を載せ、他人に解かせる「遺題継承」が数学者の間で流行する。
1674年
関孝和の「発微算法」ができる。
当時のヨーロッパよりも早く行列式を発明し、和算を大成させる。
1683年
日本最古の数学絵馬「算額」が栃木県佐野市に奉納される。


18世紀
建部賢弘の和算全書「大成算経」が完成。
全国的に和算・数学がブームとなり、出版や遊算の旅に出るもの多数。
1872年
明治政府は小学校の授業に西洋数学を採用。
以降和算は廃れていく。

算木について
算木(さんぎ)は和算で用いられた計算用具です。
縦または横に木の棒を置くことで数を表し、計算を行いました。
また算木に基づく算木数字も使われました。     「和算ナビ」より

算額とは
算額(さんがく)とは、神社やお寺に奉納した数学の絵馬や額のことです。
数学の問題が解けたことを人々は神や仏に感謝し、この算額を奉納しました。
中には難問や問題だけを絵馬に書いて答えなしで奉納するものも現われました。
その問題を見た人は、一緒家件名解答を考え、算額にしてまた奉納したのです。
この風習は江戸時代中頃から始まり、現在全国に1,000近くの算額が残っています。
算額を奉納するというは日本だけの独自のものです。

和算の絵馬

墨で書かれていたため、現在では文字の部分が褪せて見えなくなっているものも多数あります。
全体的には幾何学の問題が多く、算額の中には重要文化財になっている貴重なものもあります

明治に入って和算は無くなり、学校と言う教育の場所では算数(西洋)に変わって行ったそうです。
私の氏神様(住吉神社)には、4人の奉納絵馬があるようです。(1851年)

一度近くの氏神様へ行って奉納絵があるか確かめて見てください。




FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。