FC2ブログ

タタミのあなみずのブログ

あなみずの施工例や暮らしに役立つ情報をご紹介します。

この人を知っていますか?  大事な物・独り言

この人を知っていますか?

DSCN1486 (1280x960) (500x375)
実測地図を製作した、「伊能忠敬」

伝統ある商売や職人の計算は500年まえから使われていたと言うことです。物事を作り出すのには、このような人々がいたと言うことです。また、日本人のすばらしい知恵があったと言うことです。

和算とは
和算(わさん)とは日本で独自に発達した数学です。
特に江戸後期には日本中で数学ブームが起き、最終的に関孝和が行列式や高等数学を大成させました。しかし、明治時代に西欧数学が輸入され、和算は日本の教育現場から姿を消していきます。


和算といま
明治時代以降、使われなくなってしまった和算ですが、現代、その素晴らしい文化や内容が各方面で見直されてきています。「鶴亀算」などは皆さん聞いたことがある方も多いかもしれません。これは中学受験の問題ですが、首都圏の私立学校を中心に、和算を授業に取り入れる動きも出てきています。また和算を題材にした小説や漫画など和算を扱った書籍も最近では数多く出てきているようで、数学が好きな女性(いわゆる数学女子)を中心に密かにブームになっているそうです。

P1010450_convert_20130924095603.jpg


和算の特徴
和算が見直されてきている理由は、その楽しいストーリー性にあります。
例えば若い少女を好きになってしまった男性の禁断の恋を題材にしているものや、家督相続で遺産をどう分配するかといった生々しいものもあります。無味乾燥な問題ではなく、問題ひとつひとつに愛や楽しさがある、まさに江戸っ子ならではの粋さが垣間見れますね。

和算の歴史
奈良時代
中国から数学と計算道具の「算木」が伝わる。
算博士が算生に数学を教える。
平安時代
万葉集に「九九」の記述あり。
室町時代
中国の明からそろばんや数学の本が貿易を介して伝わる。
1600年
日本最古の数学書「算用記」ができる。
割り算や利息の計算などが行われる。
17世紀
寺子屋(庶民の学校)でそろばんの計算を教えるようになる。
1622年
毛利重能の「割算書」ができる。
1627年
吉田光由の「塵劫記」ができる。
そろばんの計算を記述した本書は大ベストセラーとなり、類似本・海賊本が数多く出版されることとなる。
1641年吉田光由の「新篇塵劫記」ができる。。 巻末に答えのない難問を載せ、他人に解かせる「遺題継承」が数学者の間で流行する。
1674年
関孝和の「発微算法」ができる。
当時のヨーロッパよりも早く行列式を発明し、和算を大成させる。
1683年
日本最古の数学絵馬「算額」が栃木県佐野市に奉納される。


18世紀
建部賢弘の和算全書「大成算経」が完成。
全国的に和算・数学がブームとなり、出版や遊算の旅に出るもの多数。
1872年
明治政府は小学校の授業に西洋数学を採用。
以降和算は廃れていく。

算木について
算木(さんぎ)は和算で用いられた計算用具です。
縦または横に木の棒を置くことで数を表し、計算を行いました。
また算木に基づく算木数字も使われました。     「和算ナビ」より

算額とは
算額(さんがく)とは、神社やお寺に奉納した数学の絵馬や額のことです。
数学の問題が解けたことを人々は神や仏に感謝し、この算額を奉納しました。
中には難問や問題だけを絵馬に書いて答えなしで奉納するものも現われました。
その問題を見た人は、一緒家件名解答を考え、算額にしてまた奉納したのです。
この風習は江戸時代中頃から始まり、現在全国に1,000近くの算額が残っています。
算額を奉納するというは日本だけの独自のものです。

和算の絵馬

墨で書かれていたため、現在では文字の部分が褪せて見えなくなっているものも多数あります。
全体的には幾何学の問題が多く、算額の中には重要文化財になっている貴重なものもあります

明治に入って和算は無くなり、学校と言う教育の場所では算数(西洋)に変わって行ったそうです。
私の氏神様(住吉神社)には、4人の奉納絵馬があるようです。(1851年)

一度近くの氏神様へ行って奉納絵があるか確かめて見てください。




スポンサーサイト