FC2ブログ

タタミのあなみずのブログ

あなみずの施工例や暮らしに役立つ情報をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和室で趣味を 実践し楽しむ   大事な物・独り言

【和の住まいのすすめより】   趣味を 実践し楽しむ

近年の余暇時間の拡大、所得の増加、情報化などとともに、住まいの中でも趣味を実践するライフスタイルが重視されています。読書、絵画、茶道、生花、料理、音楽、健康増進、DIY、ペット、園芸など、住宅のなかで実践される趣味には様々なものがあります。


             imagesQNMY2W9H.jpg


趣味は十分に行うには、各趣味に応じて、汚れにくさ、吸音性、遮音性、座れる床、戸外とのつながりなど備えたスペースが必要になります。けれども、例えば茶室のように、使い方が特定の趣味に限定される部屋を用意できるケースは少ないのが実情です。

imagesETJXVP4R.jpg 
 
images61Y5436I.jpg

そのため先人の試みを活かして、「和室」「土間」といった普段は家族共用の場でありながら、必要時に別の目的に利用できる融通性・転用性の高い「しつらえ」のスペースを確保することが現実的と言えるでしょう。

これらのスペースと隣室や庭との繫がり・動線などに留意して、複数の用途に使いやすい場を創出する工夫が大切となるでしょう。

     思い出を受け入れ、心を落ち着かせる

かっての日本の多くの住まいには、「仏壇」「神棚」といった礼拝の場が設けられていました。これらは単に信仰や宗教上の用具ということだけではなく、昔は訪問客がまず仏壇に挨拶する習慣があったように、普段の生活のなかで礼節を知り学ぶ場としての意味もありました。

   imagesR4I8S1IH.jpg           
 
images47KVGS0J.jpg

現在の生活習慣は昔とは著しく変わりましたが、現在でも、礼節を重んじる機会、祖先のことを思い敬う機会などは、自己の心情を顧み、気持ちが落ち着くとともに家族の繫がりを再認識できる面もあるでしょう。洋風化し、広さの限られた住まいにおいて、「仏壇「神棚」」のスペースを確保し、それを現在の意匠や家具などと調和させるのは難しい面もあります。


imagesXPZHGACC.jpg


しかし、例えば、マンションでも飾り付けのコーナーと一体にする、建具などで仕切れるようにする、将来のスペースを用意しておく(当面収納に用いる)などの工夫により、そうした場を形成し、継承していく方法があると考えられます。  つづく


【住まいつづりの目的】日々の暮らしを楽しむ
趣味を実践し楽しむ『暮らしの中で、楽しみや豊かさを味わう』 

和の住まい推進関係省庁連絡会議より 
【文化庁・農林水産省・林野庁・経済産業省・国土交通省・観光庁




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tataminoanamizu.blog.fc2.com/tb.php/116-ff2b5370
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。