タタミのあなみずのブログ

あなみずの施工例や暮らしに役立つ情報をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四季の変化を感じ、楽しむ       大事な物・独り言  

【和の住まいのすすめより】   

四季の変化を感じ、楽しむ    
 植栽、前庭、坪庭・中庭、掃出し窓、地窓

日本の四季の変化は、私達の日常生活に潤いや豊かさをもたらしてくれます。かつての日本の住まいでは、戸外の植栽や木々などが季節とともに変わっていく様を、室内からも感じ、楽しむことが、大切にされてきました。

images[4]
images[8]

庭の各所には花木など「植栽」がきめ細かく施され、「前庭」には季節感を感じるシンボルツリーなどが植えられ、訪れる人を迎えました。

戸外と室内の間の境界には、庭の配置や植栽を考慮して「掃出し窓」などが適所に設けられ、戸外の自然の景観が、室内にいながら様々な場において望まれました。また、敷地条件に応じ、「坪庭・中庭」を設計して室内と一体性の高い戸外空間をつくり、室内環境を少しでも心地よいものにする工夫が講じられてきました。


光を採り入れる、制御す    
 高窓・天窓、深い軒、障子、日よけ(すだれ、よしず) 地窓 

かつての住まいには、腰壁のある窓以外に、掃出し窓、欄間窓、高窓など様々な種類の窓が設けられていました。いずれも採光に効果がありますが、とくに町屋などに設けられていた「高窓」は、室の奥まで光を導き、光の均一性を高める効果があります。

地面で反射した光を軒裏でさらに反射させて光を導くこと、白漆喰などの反射率の高い室内仕上げとすることも、室の奥まで光を導き入れ、明るさを高める効果があります。

imagesWDLM7F94.jpg
images3FL5G6P2.jpg

これらは室内の明るさの確保に寄与しますが、単に明るさを確保するだけではなく、陰影が生活に情趣をもたらすこともあります。「障子」「すだれ」などを窓に組み合わせることで、採り入れる光の量や質を調整し、少し暗くしたり、柔らかい光にすることもできます。また、プライバシーの確保にも役立てることが出来ます。 つづく


【住まいつづりの目的】 日々の暮らしを楽しむ
[自然の変化やその風合いを感じとる』 

和の住まい推進関係省庁連絡会議より 
【文化庁・農林水産省・林野庁・経済産業省・国土交通省・観光庁】





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tataminoanamizu.blog.fc2.com/tb.php/118-1ad91edf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。