FC2ブログ

タタミのあなみずのブログ

あなみずの施工例や暮らしに役立つ情報をご紹介します。

い草の畳は健康   大事な物・独り言

健康を大事にする方に

アレルギーと畳
  「世直しブログ」より

不動産会社を営む友人の話では

イマドキの人たちは、畳の部屋を嫌う =ダニがいるという意識が強い
イマドキの人たちは、じゅうたんを嫌う =ダニがいるという意識が強い
イマドキの人たちは、フローリングを好む =ダニが住めないので清潔という意識が強いということです。

    images5LZV7Y99.jpg


実際は、どうなんでしょう??
全室フローリングのバリアフリーの建売住宅を買った私たち家族ですが冬場は、舞い上がるホコリに悩まされます。帰宅した長女が、コートを着たままでリビングに入ってくると・・・ファンヒーターの風で、コートの繊維&外から持ち帰ったホコリがあおられて部屋中に舞ってしまいます。

毎日掃除機をかけたところで掃除機をかけた2時間後には、フローリングに積もるホコリ、ホコリ、ホコリ...
こんな状況のフローリングにハイハイ時期に赤ちゃんがいたなら・・・・考えただけでも、恐ろしいですね。
我が家の次女が赤ちゃんだった頃、我が家のリビングには、フロアー畳(置き型の畳)が敷き詰められていました。

畳はいいですよ。
ホコリが舞い上がらない。寝返り時期やハイハイ時期の赤ちゃんにとって、適度な抵抗があるので滑りにくい。
転んでも痛くない。筋肉を育てていく時期の赤ちゃんには、もってこいの固さです。

寝返りをしはじめた時期の赤ちゃんは、毎日、柔道の受身のような自主トレを繰り返しながら、
寝返りの方法と痛くない転び方を習得します。この自主トレに、畳の固さは、最高なんです。じゅうたんだって、毎日きちんと掃除をすればフローリングよりホコリやダニの害は少ないです。そして、滑らないので運動しやすいです。(もちろん、こまめにモップがけをする場合はフローリングでも清潔を保てるのでしょうけれど)

   images[4]

ファンヒーターやエアコンの風がある状況ではフリーリングほど、赤ちゃんに有害な環境はないなぁ・・・と思います。フローリングの場合、そのまま寝かせるのはかわいそうだからと言ってソファーの上に座らせてしまったりベビーラックやバウンサーに入れっぱなしだったり赤ちゃんを運動から遠ざけてしまうケースも多いです。

日本人ですもの
畳を見直してみませんか???
  「世直しブログ」より



余談
い草の畳表は、適度に湿気を含んでいるためにホコリ(ハウスダスト)を舞い上げませんので赤ちゃんや寝たきりのお年寄りには最適な床材です。転んでも危なくない、適度に柔らかさがあり、フリーリングより柔らかく、お年寄りや赤ちゃんにとっては快適な生活が出来ます。

また、これからの季節、うっとうしい入梅に入ります。い草のゴザ「寝茣蓙・ねこざ」はいかがですか?
赤ちゃんには「寝ゴザ」をお勧めします。適度に汗を摂り、すがすがしく眠ることが出来ます。家族の方にも「寝ゴザ」をお勧めします。 気分よくねれますょ~

「寝ゴザ」とは、昔から夏になると、布団の上に敷き、体からの汗を摂ってくれたい草のゴザ(敷物)です。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tataminoanamizu.blog.fc2.com/tb.php/131-f680da27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)