FC2ブログ

タタミのあなみずのブログ

あなみずの施工例や暮らしに役立つ情報をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の良さ  大事な物・独り言

日本の良さ  文化・伝統

2013-07-21 09.24.19 (600x338)

日本人の生活
昔の日本人の生活様式や住まいの構造は、あまり家具を必要としない、使わない時は片付け、部屋は多くの機能に利用していました。西洋のソファーに対して、日本は畳に座布団が対応し、座布団は不要なときは押入等に仕舞こみ、台所のテーブルも折りたたみのちゃぶ台で、やはり使わない時は片付けられていました。部屋は常に大きく使わられていました。

今でも残っている和室の良さは、畳・障子・襖のある部屋、

障子は、光を遮ることや、寒さなども遮る為に今でも残っています。畳の部屋は次第に少なくなりましたが、寛ぐことには日本人として大事なところとなっております。また、襖や障子など引き戸の良さはいまでも見直され、マンションの居室にも多く使われています。

生活様式は、欧米と日本の違いは風土から始まり、例えば、インテリアに対する考え方は、その国の風土や環境などによるところが大きいと思います。したがって、伝統的なスタイルはその国にとって何かしらの必然があるはずで、当然そのよさは今に生かせるはずです。住まいはその地域の気候や環境や周りにあるもので作られてきましたが、都市への一極集中化、電化商品の発達や所得の向上などで、より快適な生活や利便性等を求めるようになり、特に大都市では人口の問題もあり、近年の防犯・防災の観点からも伝統的な住まいのスタイルは難しくなっていきました。でも隣近所は大事である。

欧米と日本の住まいの違い
ヨーロッパの住まいは石造りです。アメリカは木の家が基本です。両方とも壁を作って床を張り屋根を掛けます。つまり最初に壁ありきで、窓はその壁をくりぬくという発想です。地震のないヨーロッパと、乾燥した環境がそれを可能にしています。一方、日本は地震や台風が多い国で、夏は高温多湿、森林に囲まれてきた国です。建物は木を組み合わせて作られてきました。最初に柱ありきで、窓は間戸、つまり柱と柱の間(あいだ)の間(ま)ヒトヒロ(両手を広げて)に戸があることを表しています。尺度の「1間」などの言葉からみても、「間」というのは、日本人にとって特別な意味があるようです。

当然夏の暑さを防ぐ為に開口部は大きく開けて風を通します。石造りの場合、窓を大きく開ければ壁の耐力が低減しますから、窓の大きさは最小限とし、小さな窓をいくつも開ける形になります。当然室内は広い壁と小さな窓が並ぶことになります。広い壁には、絵画や壁掛けなどのアクセサリーを、窓にはしゃれたカーテンを、となるのは自然でしょう。反対に大きな開口部は、開閉する扉そのものに意匠を凝らすのも当然の成り行きだと思います。カーテンは小さな単体の窓にあってこそ美しいのであって、大きな開口部一面のカーテンは、幾分締りがない感じがします。でも日本の家屋は、やわらかい陽射しが差し込む障子など建具で工夫をしました。これぞ和室であり、いまでも続いている。欧米にはない家造り、夏涼しく、冬は障子で寒さを閉ぎって暖を取ったのである。

もともと日本の家は、基本的に柱と柱の間は全て開口部という日本の住まいは、引戸の襖を取り去れば二間続けて使えます。また、高温多湿な夏の時期は、窓や間仕切りを大きく開け放し風を取り込み、陽射しを避ける簾やよしずなど、様々な伝統的な夏の設えがありました。仏間・茶の間・座敷・客間・寝間など、各室の役割はありましたが、座布団を置けばそこが居間、布団を敷けば寝室、ちゃぶ台を出せば茶の間にもなります。今の家はダイニングテーブルやソファーは常にその場にあり、その場の役割が固定化し、場所がかなり要します。日本人の伝統的な和室には、「ものがあふれていな」事と、「しまう」という日本人の生活があったはずです。

モノにあふれない生活を、心がけてみませんか?モノがあふれると快適性を大いに損なうばかりでなく、掃除が行き届かず不衛生です。また、それほど重要でないものに多くの費用を費やすのは、資源の浪費でもあります。

2013-07-21 09.06.57 (600x338)

大事なのは、先ず、買う前に、今あるものを捨てる。
そのような考えかあれば物は増えません。

和室はいつもモノがない部屋に


長く使い続けられるものを考え、代々使い続けていくという、美しくしまう伝統に学びたいものです。モノにあふれた現代だからこそ「しまう」という伝統を見直してみませんか?

畳の部屋には物を置かず、空間遊びの場所です。

床の間には一輪ざしがよく似会う!!



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tataminoanamizu.blog.fc2.com/tb.php/140-7b62d38b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。