タタミのあなみずのブログ

あなみずの施工例や暮らしに役立つ情報をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとり言・大事なもの  第3弾

逕サ蜒・028_convert_20130412091749

家族に大事なものは家 それも畳の上の生活

最近、家族が集まって食事をする家庭が少ないと聞きます。また、家族での話し合いも無いとお聞きします。昔、40年前の社会もこんなに慌ただしい時代ではなかったはずです。誰もが家庭を大事にし、どこの家庭でも笑いがあったはずです。

そこには茶の間があり、ちゃぶ台あり、小さいテレビあり、家族みんなで同じ番組を見て、子供は畳の上でゴロゴロして兄弟喧嘩をして親に怒られていました。・・・・・どこの家も皆このように同じ生活だったはずです。そこには、家族の「絆」や小さな「幸せ」があったはずです。 (人と人の繋がり・昔を思い出してください)

今、家庭内の食事や笑いがないのは、家族が時間を大事にしなくなったのではないかと思います。駄々時間に追われ、好き勝手なことをして、自分の事だけしか考えられないのです。ちっと家族、皆の事を考えれば・・・・
また、家族みんなで、食事など、物事を行う事が出来なければ、人間として自分は欠陥が有る人と思えば良いのですが・・・  

せめて子供が10歳位までは家族全員で一緒に食事をしたり、話をしたりして、子供に多くの時間を作ることが大事で、子供の為に・・・・また、子供は必ず社会のルールや人の心が解る人間に成長するでしょう。
それも、畳の上で、座って、正座をして、家族全員で・・・やっぱり畳の上が一番良いと思います。
一度考えてみてください。

持論
畳の上の生活の人は心と心が近くなる
。 テーブルとイスの生活の人は心と心を遠ざける
なぜなら、目線が高い低いで、人との心の距離を作れるから・・・・


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tataminoanamizu.blog.fc2.com/tb.php/18-df30dae8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。