FC2ブログ

タタミのあなみずのブログ

あなみずの施工例や暮らしに役立つ情報をご紹介します。

親の愛            独り言・大事の物

「子育て/子育て関連情報」より

「頭のよい子」が育つ食卓の共通項

親であれば、やはりわが子は頭のよい子に育ってほしいもの。今回は『頭のよい子が育つ』シリーズで大人気の、四十万靖先生に頭のよい子を育てるコツについて伺ってきました。


執筆者:飯野 耀子

2006年の発売以来、そのコンセプトをもとに建てられた住宅までがある『頭のよい子が育つ家』という本があります。今回はその本の著者、四十万靖先生に頭のよい子が育つ食卓作りについて伺ってきました。


頭のよい子が育った家庭の共通項

お笑い芸人はなわ邸も指南したテレビでもおなじみ、「頭のよい子が育つ家」。 四十万先生の著書、『頭のよい子が育つ家』ではこんな法則が紹介されています。一流中学に合格したお子さんの家庭を調査した結果、出てきた法則が、

「成績のよい子は勉強部屋ではなくて食卓で勉強していた」

ということ。これは彼らに勉強部屋が与えられていたにもかかわらずです。事実、一流中学→高校→東大法学部→官僚という絵に描いたようなエリートコースをたどっているガイドの友人も、勉強は食卓やリビングでしていて、自分の部屋ではしていなかったとのこと。これは子供の頃だけではなく、大学に入ってから、国家I種試験の受験勉強の際も変わらなかったそうです。

なぜ成績のよい子供に勉強部屋ではなく、食卓で勉強する子が多いのか? そこには、お母さんとのほほ笑ましい信頼関係というコミュニケーションがありました。


成績がいい子は、母子コミュニケーションが頻繁

コミュニケーション論が四十万先生の専門。それはビジネスの場でも活かされています
頭のよい子が育った食卓では、どんな料理が出されていたのでしょうか? メニューはいろいろあります。肉じゃがだったりミネストローネ、豆腐ハンバーグなど。特に高級食材が使われている料理でもなく、目新しいお料理というわけではありません。 なぜこれらが成績の良し悪しに関係あるのでしょうか? 四十万先生に伺いました。

「それぞれの料理に子供たちは思い出を持っているんですね。これは『頭の良い子が育つ家』の構造やコンセプトにも関係してくることなのですが、私が調査した結果、成績の良い子が育った家庭というのは親子、特に母子コミュニケーションが実によく図られている家庭であることが特徴です。子供たちにとって母親がそばにいる環境で勉強することが『安心』に繋がっていたり、『親に褒めてもらいたいから頑張る』など親が好きで、親に認めてもらいたいという憧れや尊敬を含めた『頑張り』を持っていたケースが多いですね。

食卓の思い出に登場するメニューは料理だけでなく、コーヒーなどの場合もありましたよ。これは父親との食事の時間をあまりとれない家庭で、家族が食卓でコミュニケーションをとるために夜のコーヒータイムというのを父親の帰宅時間にあわせて作っていたんですね」

なるほど! しかし現代では親子のコミュニケーションが希薄だったり、仕事を持つ女性が増えるなど、子供の勉強時間に食卓の側にお母さんがいられない環境のご家庭もあります。現状、理想的な環境がない場合、どのような働きかけをすれば「頭の良い子が育つ環境」が用意できるのでしょうか?


余談
昔、40年前は皆、夕飯時には、茶の間(お勝手の近く)で勉強(宿題)をしていたと思います。また、親も子供も一日の行動を話し、泣き笑いをしていたと思います。

それも、ちゃぼ台で正座して・・・・

当時は、親の愛が溢れていましたよね~ 


つづく


「頭のよい子」が育つ食卓の共通項

親であれば、やはりわが子は頭のよい子に育ってほしいもの。今回は『頭のよい子が育つ』シリーズで大人気の、四十万靖先生に頭のよい子を育てるコツについて伺ってきました。

執筆者:飯野 耀子

コミュニケーションは言葉だけに非ず

「頭のよい子が育つ食卓」。この著書をベースにしてサンデー毎日でも「家族だんらん健康おつまみ」連載中!
親子のコミュニケーションの取り方について四十万先生に伺ったところ、次のような回答が返ってきました。

「コミュニケーションというのは会話だけではないんですよ。ここがね、みなさん勘違いされやすい部分なのです。例えば、父子関係という意味でいうと、子供の頃のキャッチボールがそれにはいいプロセスになるんですね。これは相撲でもいいですし、かけっこでもね。大事なのは『何をするか』ではなくて、『どうするか』なのですが、これらの遊びを子どもとする際にね、子供が小さくても親父は手抜きをしないこと、これがとても大事なんです。

例えば、キャッチボールだとすると、子供が小さいうちはそんな本気のボールなんて受け取れないし、怖いし、子供は泣きべそかくわけです。しかし、折々にキャッチボールをすることでだんだんにボールが取れるようになり、ある日、子供の方が親父を越える日が来る。そのとき、子供にとって親父が『頼るだけの存在』から『思いやりも持つべき存在』に変わるみたいなね。もちろん、小さな頃から思いやりがあるのは望ましいことですが、大人に云われたから仕方なくポーズとして何かをするのではなく、大人になるまでのいずれかの段階で子供が『自ずと気がついて思いやりも持つようになる』ことが自然で理想的なわけですね」

なるほど。食卓においてはどうでしょうか?

「例えば、親父と子供の食事が違うというのもいいと思いますね。これは別に父親だけ一品多いといった権威の誇示のためではなくて、親父の食事を子供味に合わせる必要なないということです。わさびや、からしなどの薬味ね。子供からみたら『なんであんなものが美味しいんだろう?』というものって結構あるじゃないですか? 

お酒なんかもそうですよね。そういうものがある時、気がついたら『美味しいと感じる』ようになってる。どうもこの瞬間というのを大人の側はあまり意識していないのですが、子供の側は『大人になった瞬間』といった感じで覚えている人が多いんですよね。そして、自分が親父に一歩近づいたみたいなね。

ここにも改めて『わさびとは?』といった会話はなくても十分、親子間のコミュニケーションは成り立っているわけです。現状、親子間のコミュニケーションがうまくいってないと感じられている方は、テーマは何でもいいので何か『親父の背中を見せる』といったことがなんだろう?と考えられてみるのがいいのではないでしょか? これはもちろんお母様でも同じように考えていただいていいですよ。」

大切なのは居場所

四十万先生はみんなの頼れる存在
食卓のあり方について、四十万先生からはもう一つ大切なメッセージをいただきました。それは「居場所」。

「結局、頭の良い子が育った家庭というのは子供にとってそこに『居場所』があった家庭なんですよね。これは『心の居場所』ですね。それがあるから親の側で勉強することが安心感につながるし、お母さんが作ってくれた料理が子供時代だけでなく、大人になった際にも思い出の味になり、支えにもなる。もし現状何かうまくいっていないものを親子関係やお子さんの状態に感じている場合は、家族の中に『その子の居場所があるかな』ということを考えてみてください。

もしないとなった場合は、まずは『居場所』を作ってあげるにはどうすればいいか?ということを考えてみてください。親子で一緒に餃子を作るなど、何か一緒にする時間を持つだけでも違ってきますよ」

コミュニケーションというのは親子で空間を共有するであり、子供に居場所があるということは「親子で空間が共有されている=コミュニケーションが取れている」ということだそう。

先生の調査によると成績のいい子たちの家庭では家庭内の子供の導線に必ず“お母さんの存在“があったといいます。お子さんにとって子供時代は二度と手に入らない本当に大切な時間です。ぜひ、コミュニケーション豊かな家庭環境でお子さんを育ててあげてくださいね。

【関連リンク】
頭のよい子が育つ家
頭のよい子が育つ食卓
頭のよい子が育つ本棚
頭のよい子の家にはなぜホワイトボードがあるのか
スペース・オブ・ファイブ株式会社


余談
これぞ、家族の居場所は「畳のある部屋」です。常に子供と触れ合い、子供の心音まで解るはずです。

また、畳の部屋が良いと言うことを、ちょと考えてみませんか!!





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tataminoanamizu.blog.fc2.com/tb.php/82-16c086b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)