タタミのあなみずのブログ

あなみずの施工例や暮らしに役立つ情報をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔の子育てと職人見習い   独り言・大事な物

昔の子育てと昔の職人の見習いは皆同じであった。

親が子を抱(かか)えこまない子育て      「子育てナビ」から

西郷隆盛(さいごうたかもり)や楠木正成(くすのきまさなり)の銅像の製作者である彫刻家高村(たかむら)光雲(こううん)は嘉永(かえい)5年(1852年に江戸下谷(したや)の長屋(ながや)に生まれ(うまれ)、自叙伝(じじょでん)「12歳になると、奉公(ほうこう)にでるのが普通」だった。と書いています。

「13、14歳になると、ちとトウが立ち過ぎて使う方でも使いにくくて困る(こまる)」14歳になってぶらぶら子どもを遊ばしておく家があると「あれでは貧乏するのも当たり前だ。親達の心得が悪い。」と世間の口がうるさかったものだから「11、12歳は奉仕(ほうし)の適齢期であって、それから10年の年季(ねんき)奉公(ぼうこう)。それが明けると一年の礼(れい)奉公(ほうこう)それを努め上げないとろくでもない者(もの)と町内でも排斥(はいせき)された ものでした。」

光雲(こううん)が奉公(ほうこう)に出る時に父親が「今までは親の側にいて我慢が出来て(できて)も、明日からは他人の中に出ては、そんなことは出来ぬ。それから師匠(ししょう)様始め目上(めうえ)の人に対し、少しでも無礼(ぶれい)のないように心がけ、何事があっても皆自分が悪いと思え、申し訳や口答えをしてはならぬ。

一度師(いちどし)の許(もと)へ行ったら、二度と帰ることは出来ぬ。もし帰れば足の骨をぶち折るから左様(さよう)に思っておれ。」と言っていいます。庶民(しょみん)のための育児書(いくじしょ)「撫育(ぶいく)草(ぐさ)」(1803年の「丁稚(でっち)教訓」でも同じことを言っています。

要(よう)するに子どもをいつまでも親の懐(ふところ)に抱え込む(かかえこむ)のではなく、一定の年齢になれば師(し)に託し(たくし)、あるいは他家(たけ)に奉公(ほうこう)に出すことで子どもを自立させてゆく。親が選んだ師匠(ししょう)に託す(たくす)のだから師(し)を信頼し、きっぱりと全面的に託します。師(し)は自ずから(おのずから)姿勢を正し手習い(てならい)を教え、職業を教え子どもの成長を全面的に引き受けます。
これは地域社会の親たちのたちの連携(れんけい)によるすばらしい子育てではないでしょうか。


余談
私の親方も同じようなことをいつも言ってような気がします。また、60歳以上で住み込みで、見習いから始めた人は、皆、同じ環境で育ったはずです。

このような時代から、相手を信じ、社会に溶け込んで行ったのです。日本人の心、今で言う「おもてなし」を覚えて行く社会だったのですか~ね

物事を覚えるには、若いときが一番大事だと言う事です。(親離れ・子離れを早くすること)

畳の上で、ちょと考えてみませんか?



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tataminoanamizu.blog.fc2.com/tb.php/83-5a1ff498
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。