FC2ブログ

タタミのあなみずのブログ

あなみずの施工例や暮らしに役立つ情報をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畳の上も悪くない      独り言・大事な物


「Nature Net は株式会社青木コンセプト事務所が発行するオンライン・マガジン」様より
© Aoki Concept Designing Co.,Ltd. All Rights Reserved.

畳の上も悪くない

ベッドルームはホコリの立ちやすいところです。ベッドメイキングするときには、シーツや毛布の綿ぼこりが舞う。寝起きするにも、パジャマを着たり脱いだりするにも、カーテンの開け閉めにも綿ぼこりは発生します。これらは繊維が摩擦によって切れぎれになり、空気中に浮遊するもので、麻、綿、毛などの天然素材を使っているかぎりは、紡いだ繊維の宿命なので防ぎようがありません。このような場所にはどんな床がふさわしいのでしょう。

コルクや木素材のフローリングは、床そのものがホコリの原因にならないことから、一時期はとても人気がありました。けれど実際にはホコリが床の上を這うので、掃除機をかけると舞い上がって、かえってよくないとの理由で敬遠する人もいます。あながちまちがいとはいえないけれど、理不尽な評価ですね。だいいち、フローリングに掃除機をかけるのはふさわしくありません。かた絞りの雑巾かモップ、シートつきワイパー、あるいはワイパーブラシをかけて拭き取ります。

風通しよくホコリを舞い立たせずクッション性も防音効果もあって……と考えてゆくと、畳は理想の条件をクリアします。日本人の歴史観では、畳に脚つきベッドの組み合わせは抵抗があるかもしれませんが、国際的感覚ではタタミマットはなかなかに端正な床材です。和室をベッドルームにあてる場合、あえて、既に敷いてある畳を剥がしてまで他の床材に張り変える必要はないし、障子ごしの柔らかな光もすてきです。そのほかには、紙を撚って織ったペーパーコードや竹、い草などを麻の経で織った敷物やサイザル麻やジュートなどのカーペットは、通気性がよく、ベッドルームに適しています。

すでにフローリングの場合には、上記の素材でベッドよりひと回り大きいサイズを敷物として置くアイデアはいかがですか?

余談
畳の良さを再認識してみては、いかがですか?
また、畳が無い家庭には、タタミのあなみずは置き畳(東京タタミ)を販売しております。
厚さ7ミリ~30mまで扱っております。

ショールームに置き畳(東京タタミ)見本が沢山あります。
ご来店をお待ちしておりま~す。!!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tataminoanamizu.blog.fc2.com/tb.php/86-51de6194
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。